新しく生まれてくる演奏のスペース

演奏できるレンタルスペースとは?

施設によっては必要な楽器をあらかじめ用意してあるので、手ぶらで行ける演奏用のレンタルスペースもあります。しかし自分の楽器を持ち込むこともありますので、割と荷物の運搬に便利な場所にスペースは立地しています。
演奏できるレンタルスペースは、意外と住宅地周辺や繁華街に多いようです。演奏専用に特化することはなかなかできないので、音や振動に配慮したダンスもできるスペースと兼用していることも多いです。
書籍と同様、CDが売れないといわれている現在、CDショップの跡やショップの場所貸しとして、スペースの提供がされています。
スナック・カラオケの後など事前に防音対策を施してある場所をスペースにしているところもありますが、ロック・ジャズの演奏には向いていません。

新しい演奏できるレンタルスペースの可能性

防空壕の跡地である地下室を利用したミュージッククラブとして、ビートルズで有名なキャバーンクラブがあります。防空壕はイメージ通り防音面でも優れているのです。
冷蔵・冷凍倉庫は、気密性に優れていて、容積的にも広めのところがあります。防音対策としては、問題ありません。
現状使われなくなった冷蔵・冷凍倉庫を利用したレンタルスペースは、あまり聞かれません。しかし、今後冷蔵・冷凍倉庫跡が音楽を演奏できるレンタルスペースとして注目されるかもしれません。
あまりの気密性の高いので、逆に空調がきちんと完備されるのかも確認する必要があります。
スペースマッチングの一つの特徴である遊休施設の有効利用、その意味でも演奏向けのレンタルオフィスが思わぬ形で姿を表すかもしれません。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ
△ ページTOPへ